殿堂入り都市伝説はこちら!

【奇妙な話】モロッコの少女

【投稿者:MAMIKOさん】

私は、学生の頃から一人で旅をするのが好きでした。

大学を卒業してからも、休みを見つけては、旅をしていたのですが、社会人3年目の出勤中の朝、仕事を辞めて、モロッコに行こう、と思い立ちました。

自分の繰り返される同じような日常に退屈していたという思いもありましたし、それをすんなりと受け入れている自分にも少し疑問があったのだと思います。

モロッコには以前、何度か旅行をしていたので、少し現地の友人がいました。

当時、私はガラケーで、モロッコでケータイを持っている人もそんなに多くはいなかったので、ケータイで連絡を取り合うという事はしておらず、今回の旅でも、また何人かと会えたらいいな、という程度に思っていて、特に誰かに連絡をする事もありませんでした。

学生の頃とは違い、仕事も辞めたので、旅行期間が限定される事もなかったので、出発日も飛行機の格安チケットが取れるままに進めて行きました。

乗り継ぎがスムーズに行くように手配したものの、格安チケットなので、ロシアでの乗り継ぎには、半日以上かかりました。

空港で半日時間を潰さないといけなかったのですが、その時に、アフリカから来ていた男性に声をかけられました。私は、彼が何を言っているのか分からず、少し戸惑いましたが、ゼスチャーを交えながら何度も同じ事を言っているように感じたので、私の事を言っているのかと聞き返すと、そうだ、と言うのです。

彼は、私がこの後、悲しい思いをするけど、引きずらないで、気持ちを切り替えるようにと言うのですが、悲しい出来事は分からないままでした。

旅行の出鼻を挫かれたようで、正直げんなりとしました。気持ちを立て直し、とりあえず貴重品の紛失、盗難には合わないように気を引き締めようと思う事にしました。

飛行機の長旅を終えて、やっとモロッコの空港に着き、手続きも終え、カサブランカに電車で向かおうと思っていると、突然、20歳くらいの男の子が私の名前を呼び、近づいてきました。

びっくりして彼を見ると、見たことがあるような面影がありました。

彼は、以前の旅で仲良くなった少女の兄でした。と同時に、どうして私がここにいることを知っているのか、それとも偶然なのか、分からないことだらけになりました。

私は、彼をとても知っていた訳ではなかったので、挨拶程度で別れようと思っていましたが、彼は、妹に頼まれて私に会いにきたと言うのです。

そして、彼女が私に会いたいと言っていると言われてしまい、疑問だらけでしたが、彼と一緒に彼の家があるカサブランカに向かいました。

まあ、スケジュールがある旅でもなかったですし、泊まるホテルも決めていなかったので、彼女と会ってから、今後の旅をすればいいと思いました。

しかし、彼女に会った時、私は衝撃を受けました。

ロシア人の母親とモロッコ人の父親を持つ彼女は、もともと母親に似て透き通るような白い肌でしたが、やせ細った身体に白い肌、あんなに美しかった髪や眉毛、まつ毛も無くなっていて、一目見て病に犯されていると気づきました。

私は、彼女を見て驚いていることに気づかれないようにするのに必死でした。

彼女の家に数日泊まることになったので、私に出来ることはないか?と彼女の母親に尋ねましたが、母親は娘の薬を私に見せ、首を横に振りました。

その薬はフランス語で書かれていて私には分からなかったのですが、正直、分からなくて安堵する自分もいました。

彼女の姿を見ているだけでいっぱいいっぱいでした。母親は、娘にある日突然、私がモロッコに来るから会いたいと頼まれたようで、本当かどうかも分からない話のために娘から手を離すわけにもいかず、息子に空港まで行ってもらったと言っていました。

少女との出会いは、彼女が日本のゲームが好きで、私が日本人というだけの理由で声をかけられたものでしたが、とても懐いてくれ、家に招待され一緒にゲームをしたのがきっかけです。

数日泊まると言っても、期限も特になく、彼女の側にいるのもどうしたものか、迷惑にならないのか、などど色々な思いが巡りました。とどまるのも出て行くのも躊躇する日が3日続きました。

その夜、一緒に寝ていた彼女は私に、「バラカ」と言いました。私は、何を意味していたのか分からなかったのですが、自分が出て行く時なんだ、と思い、分かった、出て行くよという思いで、「ワッハ ヤッラ スィー」と返しました。

次の日の朝、私は、彼女の家を出て他の街に移動しました。

電車では、押し上げてくる感情に耐えられない思いでしたが、空港で出会った男性の言葉を思い出し、気持ちを切り替える努力をしました。3ヶ月かけてマラケシュ、ワルザザード、フェズなどを移動し、首都のラバトに着いた頃、帰国のチケットの予約にお店に入ると店員に、二人じゃなくて一人分のチケットか?と念を押されました。

思わず、少女が近くにいてくれるのかもしれないと思い、空港に行く前に、カサブランカの彼女の家を訪ねることにしました。

突然ということもあり、いつも家にいた母親はおらず、少女の兄が出迎えてくれました。

そして、私が彼女の家を出た一週間ほど後に、少女が亡くなったことを聞かされました。

彼女は、私が会いに来たら、「ピンク色が綺麗だったね。楽しかった。ありがとう。」と伝えて欲しいと言ったようです。

彼女が亡くなった頃、私は、マラケシュのピンク色に包まれた街にいました。

私の今回の旅は、特に計画もなく、会社を辞めたのも突発的な感情でしたが、全て彼女の思い通りだったのかな?とも思いました。

それなら、一緒に彼女が好きだった日本に帰るのも悪くないな、と飛行機に乗りました。

Amazon電子書籍 好評販売中!

Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。