殿堂入り都市伝説はこちら!

【怖い話】小金井公園内で一家心中した家族の怨念

【投稿者:HARUさん】

この話は実際に私が体験した実話です。

東京都小金井市に暮らしているのですが、小金井市に小金井街道という道路があるのですが、その道路は私が会社に車で通勤する際に月曜日から金曜日まで必ず利用している道路なのです、そんな小金井街道で2019年11月下旬の深夜25時に恐ろしい体験をしました、当時私は夜勤作業を任されていて会社で作業をしていたのですが、自宅に大切な書類を忘れてしまった事に気がつき自宅に書類を取りに行きました、会社から自宅までは車で15分程度です、車を走らせて小金井街道に差し掛かり更に車を走らせていました、しかしです、急に車内に女性のフフフッ???という笑い声が微かに聞こえました、私はパッとルームミラーを見て笑い声がした後部を確認しました、しかし当たり前ですが何も人影等は無く、気のせいかな?と思いながら小金井街道を走り続けました、しかしです???車内はエアコンをつけていて寒くもないのに何故か全身に鳥肌が立っていました、私はなんだろう?何でだろう?と不思議に思いながらも運転しているうちに自宅に到着しました、自宅からその日に会社に提出する大切な書類を手にしてスグに会社に戻る為に車をまた走らせました、しかし小金井街道に入った途端に明らかに後方から何か気配を感じました、ルームミラーを確認するとナント!真っ白な着物を着た女性が私の車を走って追いかけて来ていたのです!、私は最初見間違い?と思ったのですが、再度確認すると後方にピタリと女性が張り付いており、大きな口を開けて何やら叫びながらピタリとついて来ました???、私は霊感は無いのですがこの女性は絶対にこの世の人間では無いとスグに分かりました、顔は真っ白で血の気は一切無く、髪の毛は残ばらで異常に長く、目は真っ黒で白目がありませんでした、何よりも人間ならば時速60キロで走っている車に走ってピタリとついて来れる訳がありません、私は恐ろしくなり車の速度を上げようとアクセルを踏み込みました、しかしです???何故か車のスピードは上がるどころか徐々に下がってしまいました、完全にパニック状態になった私はとにかく逃げないとと思い必死にアクセルを踏み続けました、私はまたルームミラーを確認するとナント!女性は居なくなっており何だったんだ!?と思いパッとルームミラーから前方に目線を移すと先程まで後方に居たはずの女性が前方の道路上にコチラを見て仁王立ちしていました!、私はヤバい!と思い反射的にハンドルを切り、女性との衝突を回避させました、しかし車は道路脇に設置してあるガードレールに激突し大破してしまいました、私は放心状態になって車内に留まっていると、先程の女性が私の車の前にスーッと現れて死ね???と言い笑いながらスッと消えてしまいました???、その後自ら救急車を呼びパトカー等も来て頂けて幸いケガも軽症で単独事故として処理されましたが、この小金井街道という道路はこれまでに数多くの不可解な交通事故が発生していて、子供を自転車の後ろに乗せたお母さんが子供を後ろに乗せたままコンビニに入った瞬間に自転車が転倒し子供が道路に投げ出され市営バスに潰され亡くなったり、やはり私と同様に車が横転して単独事故を起こしたり、市営バスが単独事故を起こしたりと本当に多いのです、ちなみに小金井街道は直接道路なので単独で横転したり事故を起こす可能性は非常に少ないのです、私が知る限りでは小金井公園という公園沿いに小金井街道が通っているのですが、小金井公園内で昔家族が一家心中をして自殺してからこうした不可解な現象が起きるようになったと聞いていますので、私に起きた現象もおそらくこの心中した一家のうちの1人の仕業だったのだなと思いました、最後になりますが、この話は本当の話なので肝試しで行きたいと考えた方は個人的には本当にオススメはしません、本当に事故に遭ってから後悔しても遅いですし、行く際はそれなりに覚悟を決めて自己責任で行って下さい、以上です。

Amazon電子書籍 好評販売中!

Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。